DODレンコンテントで薪ストーブキャンプをしてみて気がついたこととか

DODレンコンテントで薪ストーブキャンプをしてみて気がついたこととか

(0 のコメント)

DODのレンコンテントで何回か薪ストーブキャンプをしてみたので、レビュー的な何かを書いてみようと思います。
メーカーから依頼されたレビューではないのでバッサリ色々書いていこうと思います。
レンコンテントは中で焚き火ができるというウリのレンコンのように穴だらけにできるワンポールテントです。

外部リンク

レンコンテント - DOD(ディーオーディー):キャンプ用品ブランド

レンコンのように穴だらけ。中で焚き火ができる冬仕様ワンポールテント。

このサイズのテントで、材質がコットン混紡(TC)で、4万円ならば、まぁリーズナブルかなとは思います。
自分が持っている他のTC素材テントのテンマクデザイン パンダTCと比べると材質はペラいかと思いますが、まぁ室内は広いですし満足してます。

大きさ的にはテンマクデザインのサーカスTCとおんなじぐらいですが、使っている人があまりいないので目立ちます。

このテントの売りは焚き火ができることなんですが、まだ一度も焚き火はしていません(汗)
てか、薪ストーブを使っているのでw

いや、レンコンテント、薪ストーブと相性がいいんです!!
レンコン窓から煙突を出せば楽に薪ストーブを設置できます。これ、すごくいいです!!

薪ストーブキャンプの話を書いたので、「おことわり」も書いておきますね

  • テント内で薪ストーブを使うことはメーカーが推奨する使い方でも、僕が他人に推奨する使い方でもありません。
  • 薪ストーブを使うときは自己責任で。
  • もちろん一酸化炭素警報機は必須です。

正しい知識と装備、準備をしないと冬キャンプは本当に危険なので、心得てくださいね!!

という中でも、このテントは薪ストーブ向けだと思います。

良い点は上げたので、イマイチの点も上げておきます。

レンコンテントは生地がペラいし、出入り口のファスナーも対策されていないので、おそらく雨の日は使わないほうがいいと思います。同じTCワンポールテントでもテンマクデザインのパンダTCでは土砂降りキャンプもしていますが、このテントは無理かなぁと。でも、一度は怖いもの見たさでやってみようとは思ってますw でも、もうちょっと暖かくなってからインナーテントに山岳用テントを張ってですかね(^^;;

あとイマイチなのはメーカーQC(品質管理)の問題。
ペグを通すベルトが一本おかしかった。まぁ自分で直した。

まぁ、縫製は甘いです(^^;;

そういうところはDODクオリティってことで(滝汗

まぁそういう残念なところはありますが、僕は気に入りました。これからも使っていこうと思います。

【24時間限定最大4000円OFFクーポン配布中!1/10限定】ワンポールテント DOD レンコンテント T3-600-TN タン 送料無料

価格:44,800円
(2020/1/9 19:34時点)
感想(9件)

↓土砂降りの中でテンマクデザイン パンダTCを使ったキャンプはこちら

外部リンク

わざわざ土砂降りの日にソロ釣りキャンプ(ゆるキャン△聖地巡礼付き)してきた - Togetter

わざわざ土砂降りの日にキャンプしてタープの中で外ごはんを食べる。これもマッチポンプの一種なんだろうか。でも、土砂降りの中で焼いた肉はマジウマイ。

コメント

現在コメントはありません

新しいコメント

必須

記入が必要です(公開はされません)

オプション

必須

最近の投稿

アーカイブ

2024
2023
2022
2021
2020
2019
2018
2017

カテゴリー

著者

フィード

RSS / Atom