ヴィンテージフライリール沼にハマりそう

ヴィンテージフライリール沼にハマりそう

(0 のコメント)

フライフィッシングを始めて7年、なんというか沼にハマりそうです。
そう、ヴィンテージフライリールの沼です(汗)

いや、すでにハマっていたのですよ。
今年の3月のツイッターに

こんなのを上げていたわけです。

んで、実釣もしてます。

とまぁ、そんな感じで古いリール使い始めてました。

というか、夏に野呂川釣行のときに使っていたのも、

これ、Pflueger Medalist1492の1960年代のヴィンテージリールだったりするわけです(^^;;
あー、完全に沼です。

ちなみに、1960年代のPflueger Medalist1492は右巻き専用のリールですが、ラインガイドさえ気にならなければ左巻きで使っても全く問題ありません。
このリールを使うサイズの魚が相手で、リールファイトになったところでラインガイドに当たるってことは殆どないからね(^^;;

……で、
今回買っちゃったのが冒頭の写真のHardyのMarquis #5。これも1970年代のイギリス製のリールです。80年代になるとスプールが黒くなるので区別が付きます。

ぶっちゃけいうと、イギリス人が作ったやつだから(?)Pflueger Medalistなんかよりもずっと高いのです。

……でもね、Hardy Marquisのクリック音、すごくいいのよ!!

あー、完全に沼にハマっている人の発言だなこりゃ(^^;;;

コメント

現在コメントはありません

新しいコメント

必須

記入が必要です(公開はされません)

オプション

必須

最近の投稿

アーカイブ

2024
2023
2022
2021
2020
2019
2018
2017

カテゴリー

著者

フィード

RSS / Atom